大阪で行えるふたえ整形の種類と失敗時の体験談について

二重

眼瞼下垂症の体験談

大阪に住んでいる私はもともと重い一重で、小学生からよく二重にするアイプチを使っていました。まぶたというのは皮膚が薄く、あまり強く擦ったり負担をかけてはいけないという知識も当時は全くなく、アイプチを使って二重を作るのに失敗してはゴシゴシ擦り、またアイプチを付けてを繰り返していました。
重い私の二重ではアイテープなどは全く役に立たず、8年程アイプチを使用していると、使う以前と比べてまぶたの皮は伸び、肩こりや頭痛もよく起こるようになりました。そんな時にテレビで偶然知ったのが眼瞼下垂症という病気です。
まぶたに負担をかけることによって、まぶたを持ち上げる力が衰えてしまい、目の大きさが以前より小さく見えたり、まぶたを持ち上げようと別の筋肉を使うため肩こりや頭痛が起きてしまうという症状が出るようです。そこで、ネットでいろいろと眼瞼下垂症について調べていると、今は保険適用でふたえ整形手術をして頂けるようで、ふたえ整形の手術方法としても、よくプチ整形で見る2点留めや、切開といった形らしく1度大阪の病院へ行ってみることにしました。
簡単な診察を受けた結果、眼瞼下垂症でしたので早速日帰り手術の日にちを決め、ふたえ整形手術を受けることにしました。2点留めは、術後の腫れなどは軽いようですが、中に埋め込んだ糸が取れてしまう可能性があるようなので、切開にしました。痛み、腫れはあったものの比較的早く治り、現在術後3年経っていますが何も問題なく、二重での生活を大阪で送れております。

二重整形の種類について

ふたえ整形には様々な種類があり。それぞれ予算や手術を行う規模が違ってきます。ここではそんなふたえ整形の種類についての説明を行いたいと思います。
・埋没法
埋没法とは瞼の筋肉と裏側を糸で縫合することにより二重を形成する手術方法です。この埋没法で2種類の二重瞼を選ぶことが可能であり、その一つである「末広型」は日本人に最も似合う二重といわれており、美しい二重のラインながら慎まやかに見え、ナチュラルメイクに向いているとされています。もう一つが「奥二重」と呼ばれる物であり、一見すると一重のように見えるのだが、瞼の奥に二重が隠れている二重です。多くの人は末広型を選びます。
・全切開法
瞼を切開し二重のラインを形成す津方法です。瞼の脂肪や組織を切除し、傷口を縫合します。抜糸が済めば半永久的な二重を手に入れることができる、大規模な手術方法となります。注意点としては、キチンと自らの要望を医師に伝えることが大切です。要望が伝わっていなかったばかりに自分の望むものとは違う仕上がりになった時にショックを受けてしまうからです。
・部分切開法
規模の小さい全切開法と埋没法を組み合わせた手術方法です。埋没法でうまく二重が作れない人が、このふたえ整形に適しています。切開する規模が小さいので、全切開法より手術時間は短いです。
大阪にはこのようなふたえ整形を行ってくれる優秀な病院がたくさんありますので、ふたえ整形をお考えでしたら遠征をしてでも大阪に来られる事をオススメします。

二重の埋没法というのは

二重にするためのふたえ整形がありますから、これをまずは大阪で検討してみるとよいでしょう。埋没法は手術費用がふたえ整形において、比較的安価であり、まず最初に検討するべきやり方であるといえるでしょう。料金に関しては当然ですが、大阪ではクリニックごとに違うことになりますから、よくよく調べることです。基本的には10万円以内でできるようになりますから、非常に楽にできるのです。
大阪で手術を受けることによって二重にほぼなることができます。埋没法というのは、メスをしないしないので心理的にかなり楽になることもあります。どうしても切ることが嫌だ、と考える人も多いのです。ですから、その点においてはかなり心配する必要性がない部分であるといえるでしょう。
二重というのは、ふたえ整形で作ることが出来るようになっているのですが、悩まないことです。悩んでいるとしても修正をすることができるわけですから、それによって、上手くコンプレックスを解消するようにするとよいでしょう。
それができるのでほとんど悩む必要性はないのです。埋没法はあまりにも強い一重の場合は難しいのですが、もう一つの切開をする方法であれば綺麗にどんな人でも二重にすることができますから、心配無用です。


いまよりもっとかわいくなりたい、そんな思いをかなえてくれるのがふたえ整形を大阪でするというものです。大阪でふたえ整形をすれば、ぱっちりした目のかわいい女子になることができます。ひとえにお悩みの方などはぜひ大阪でふたえ整形を実施してみてください。

二重の整形というのは

二重にしてもらうための美容整形として、部分切開法というのがあります。これは特にまぶたが厚い人にお勧めできる方法になります。二重手術としては、一番ポピュラーであるのが埋没法であり、これがある意味ではベストなのですが、まぶたが厚い人にはなかなか難しいことになります。そうした人は、すっきりとした二重まぶたを作るためには、どうしても部分切開法のようなやり方をする必要性があるのです。メスを入れることになりますから、局所麻酔をすることになります。まぶたの表面に1cm~2cm程度にメスを入れて、…

MORE ▶

二重整形での失敗について

二重整形というのは最近とても人気のある手術になってきました。そんななか、二重手術をしたみんなが成功したというわけではありません。失敗の可能性を少しでも減らすためには、自分が手術に関する情報を知っておく必要があります。埋没法ですが、この手術は糸をまぶたの中に埋め込み二重のラインを作る手術となっています。なので、自分が望んでいた二重幅にならなかったり左右差が出たりといった失敗が心配されます。また、望んでいた二重幅や左右差も出なかったという人でも、手術後の腫れがひきにくかったりといった問…

MORE ▶

update information

2017年05月24日
切開法による二重整形を更新しました。
2017年05月24日
二重整形の埋没法とはを更新しました。
2017年05月24日
二重整形での失敗についてを更新しました。
2017年05月24日
二重の整形というのはを更新しました。

二重整形の埋没法とは

きれいな二重を手に入れたいと思っても、手術で切ることを想像すると躊躇してしまいます。確かに、二重整形には切開法もありますが、メスを使わない方法もあるのです。埋没法と呼ばれる方法では、一切メスを使いません。使うのは細い糸です。これをでまぶたを固定してクセをつけることで、切らずに二重を実現するという方法です。どんな二重にするかによって、糸を結ぶ箇所が違ってきます。埋没法は、基本的にはそう時間はかかりません。15分もあれば施術完了です。糸を結ぶ箇所が多いと若干の時間を要しますが、それでも…

MORE ▶

切開法による二重整形

二重整形には、大きく分けて2種類の方法があります。ひとつは、糸でまぶたを固定して二重にする「埋没法」ですが、これは人によってはあまり効果がなく、すぐ元に戻る可能性があります。何度も施術を受けるより、一度で済む方法が良いという人には、もうひとつの方法である「切開法」をおすすめします。切開法は、まず、まぶたを切開して脂肪を取り除きます。そうして皮膚が薄くなったところで縫合し、まぶたにひだを作るという方法で二重を形成するのです。切開法は、さらに2種類に分けられます。ひとつは「部分…

MORE ▶

TOP